佐倉市M様 ⑩漆喰塗りがご家族のたのしい思い出に

(2024年05月15日)

こんにちは。
PJホームのスタッフです。

前回の続きです。

M様は漆喰の壁をご希望されました。
漆喰は和室、洋室など両方に使用でき、
城や蔵などにも使用される
とても雰囲気のある材料で、
輸入住宅にも多く使われています。

R壁にしたり、アーチ型にしたり、
塗り壁なので曲面が出しやすく
よりおしゃれな内装に仕上げることができます。

漆喰はテクスチャが決め手となります。
その模様をどのようにするのかは
実際に左官屋さんが現場で端材に塗ってみて、
どのテクスチャが
お客様のお好みなのかを確認しながら
その場で見て決めることができるので
お客様に喜ばれています。

そして、今回はM様ご夫婦とお子様もご一緒に
パントリーの壁に漆喰を塗ってもらいました。

お子さんも喜んで作業されていましたが、
担当の片岡が言うには
意外とご両親のほうが
たのしんでいらっしゃったように見えたそうです(笑)。

最後に、壁に日付を入れたり
ご家族で手形をつけたり、
家づくりの家族のたのしい思い出として
いつまでも残る壁が完成しました。

弊社が大切にしているのは、
家づくりがたのしい思い出になることです。

何年経ってもこの壁を見ていただければ、
家を建てたときのたのしい思い出が
よみがえることでしょう。

お施主様と私共が協力してつくりあげる、
それがPJホームのこだわりの家なのです。

次回へ続きます。

関連記事