花台のリフォーム 続き

(2018年05月10日)

 

こんにちは!PJホームのスタッフです。

前回のブログ「花台のリフォーム」の続きです。

 

片岡は持ち帰った古い木製の花台に「ブライワックス」を塗りました。
そして、丁寧に布で磨くと、何十年も使い込んだような色合いが出ました。

これで、新居にも似合うおしゃれな花台に大変身です。

5月10日花台➀

甦った花台をお渡しすると、お母様はとても驚かれ、そして、大変喜んで下さいました。
「アンティークの風合いがステキ」とご家族にも大好評でした。

みなさんの笑顔を見て、片岡は幸せな気持ちで一杯になったそうです。

 

5月10日花台②

塗り壁だからこそできるオリジナルの変形アーチ

 

さて、今回活躍した「ブライワックス」。
塗って磨くだけで、アンティーク風な仕上がりになり、家具などのリフォームにピッタリなんです。

5月10日飾り棚 ブライワックス

壁飾りの木枠もブライワックスで塗り直しました

 

現在、リフォームのテレビ番組で取り上げられることが多い「ブライワックス」は、
ヨーロッパでロングセラーの商品で、現在はDIYからプロまで、多くの方に使われています。

最近では、ホームセンターでも手に入るようになりましたので、
みなさんも家具のリフォームに挑戦してみてはいかがでしょうか。