お客様も家づくりに参画!コテ跡の打ち合わせ②

(2018年06月10日)

 

こんにちは。PJホームのスタッフです。
 
前回のブログの続きです。
 
塗り壁の場合は、現場でお客様と職人さんがコテ跡(テクスチャー)の打ち合わせをします。

その際、お客様にも実際にコテを使って、塗り壁の体験をしていただくのですが、
難しさに驚かれる方が多く
「貴重な体験になった」「とても大変な作業だとわかった」など
多くのお客様から感想をいただいております。
 
一般的に、職人さんはお客様と顔を合わせることなく作業をしているため、
こうしてお客様と触れ合う機会はほとんどありません。
 
ですから、プロの技を見たお客様が感心されたり、喜ばれたりすると、
それが職人さんのモチベーションになるのです。
 
「お客様と職人さんの間に入り、よい関係をつくる事が建築会社の役目だ」と
弊社社長の片岡がいつも言っています。

塗り壁打合せ②

身体に優しい素材「エコクイーン」を使用


 
また、お客様自身が家づくりに参画したことで、
より一層、愛着の持てる家になることでしょう。
これも塗り壁をおすすめする理由の一つです。

 
これからもPJ ホームは、家づくりのプロデューサーとして、
お施主様ご家族のたのしい思い出となる家づくりの
お手伝いを続けてまいります。